人探しを警察に依頼する方法

人探しを警察に依頼する失踪届け・行方不明者の捜索方法

警察に依頼する人探し

家出などで「消息不明となった人」を探す場合、警察を頼ろうと考える人もいることでしょう。こちらでは警察に依頼する人探しについてご紹介してきます。

 

まず依頼方法ですが、警察署に「家出人捜索願」を提出することが必要になります。この「家出人捜索願」を出すこと自体に費用はかかりません。「家出人捜索願」とよく混同されるものに「失踪届け」がありますが、これは家庭内に失踪者がいることを役所に届け出るもので、これを提出したからといって警察が捜索してくれるわけではありません。

 

「家出人捜索願」が受理されると捜索されるようになります。ここで家出の状況から事故や事件に巻き込まれた可能性や自殺の可能性がある場合は「特異家出人」とされ、大規模な捜索が行われます。幼い子供や病人、老人など自分の意志で失踪する可能性が低い人に対しても積極的な捜査が行われます。しかし自分の意思で家出をした成人の場合には、積極的な捜索はされないと思っていてください。もしも発見されても、本人の意思が尊重されるかたちとなるので、保護されない場合が多くなっています。

 

このように警察に頼む人探しでは、事件性がない限り、捜索されなかったり、時間がかかったりすることが予想されます。このため、はじめは事件性がなくても、なかなか見つけ出せないことで、事件に関わってから見つかったというケースも少なくありません。行方不明者に何かあってから見つかるのでは本末転倒です。探す側としては、探し人がそうなる前に見つけ出してあげたいですよね。

 

・探偵や興信所に依頼する人探し
そこで頼りになるのが人探しのプロである探偵や興信所です。警察よりも早く、成功率も高く見つけ出すことが可能です。事件性がなくてももちろん調査してくれます。然るべき機関からの情報収集や聞き込みや張り込みなどありとあらゆるネットワークを駆使して調べます。料金はかかりますが、会社によって料金体系も様々ですので、予算にあった人探しが可能です。信頼できる会社に依頼をして早く見つけ出してあげましょう。

 

⇒人探し調査の無料相談・見積もり依頼窓口