人探しを自力で行う方法

人探しを自力で行うには?個人調査のやり方・方法・手段

人探しの種類と方法

人探しの対象(ターゲット)は様々で、探し方もそのターゲットによって変わってきます。例えばよくあるのが恩師や初恋の人など「思い出の人探し」、生き別れなど「疎遠になった肉親探し」、家出調査など「行方が分からなくなった人探し」です。

 

「思い出の人探し」に有効なのはインターネットやsns(facebookやline、twitterなど)での検索や呼びかけです。やり方はネットの検索エンジンでその人の名前を検索する(ブログやホームページ、facebookなどをしているとここでヒットしてきます)、facebookにログイン後探したい人の名前を漢字・アルファベット・ひらがな表記で検索する、lineでグループを作って「○○さんを探しています」などと情報提供を呼びかける、twitterで「○○さんを探しています」とツイートし、リツイートにより拡散してもらうなどの手段があります。

 

「疎遠になった肉親探し」には戸籍謄本や住民票からの調査が有効です。それらを見れば現在の住所まで辿りつくことが可能です。しかし個人情報になりますので、正当な理由なしには取得不可能です。役所で申請するときには「家族の生死確認」などと言えば取得できる可能性が高いでしょう。

 

「行方が分からなくなった人探し」ではsnsやネット掲示板で呼びかけるか、その人が失踪後に行きそうな場所を探す地道な方法があります。また携帯会社が提供するGPS機能を利用し、居場所を特定できることもあります。しかしこのGPS機能は探す方と探される方のどちらもサービスに加入していることが必要となってきますので、探されたくないからとGPS機能をオフにされていると機能しなくなります。

 

この「行方が分からない人探し」の中にはターゲットについて知っている情報が少なく、名前しかわからないケースも少なくありません。そのようなときには困難を極めることが多くなっています。

 

ここまで個人の力での人探しの仕方をご紹介してきましたが、自力での捜索には限界があります。成功率は決して高いわけではありませんし、時間がかかりすぎてしまい、ターゲットが自殺や風俗に勤務しだすなどのリスクも発生してきます。そこで興信所や探偵など人探しのプロに調査を依頼することが得策と言えます。そうすることで探し出せる確率は上がりますし、探す方も探される方も危険に晒されるなどのリスクがなくなります。

 

⇒人探し調査の無料相談・見積もり依頼窓口